有機溶剤を含む油性塗料のメリットとデメリット

油性塗料のメリットは、塗膜の強さです。
油性塗料に含まれているシンナーなどの有機溶剤には、耐久性の高い塗膜を作れる特徴があります。
また環境にも左右されにくく、乾燥するまでの時間も短いです。
そのため工期を短縮できたり、密着性の高さから素材を問わずに使えるのもメリットと言えるでしょう。
油性塗料のデメリットは、臭いです。

シンナーが含まれているため有機溶剤が持つ独特な臭いが発生するため、外壁塗装で使用すると近所から苦情がくる可能性があります。
シンナーを含んでいることから、引火性が高いのもデメリットです。
油性塗料は適切な管理をしておかないと火事を引き起こす原因にもなりかねないので、取り扱いには細心の注意が求められます。