シリコン塗装で塗装するとデメリットな点とは何か

シリコン塗装にはセラミック成分も入っているので、塗ることで耐久性が上がり、長期間家の見栄えの良さを保つことが可能です。このため次回のメンテナンスの期間を延ばすことができますが、外壁塗装に使用した場合、ウレタン塗装と比較すると弾力性が乏しく、塗装薄部分が頑丈で固く、剝がれにくいというデメリットがあります。地震で外壁にひびが入った場合追従できず、家の外壁と一緒に割れてしまう可能性があります。

さらにシリコン塗装は重ね塗りをすると塗料を弾いてしまう性能があるので、重ね塗りには向いていません。そのため塗装してから10年後に塗り替えをしようとすると、シリコン塗装の上から塗装してしまうと上塗りした塗装が弾かれ、塗膜の密着が悪くなる場合があるので、シリコン塗装を外壁の塗装に使用する場合には特性を調べて検討することが必要です。